脱サラからのワインバル開業奮闘記

☸中目黒に素敵なワイン女子がたくさん集まるお店(ワインファームTAMURA)を作るまで☸

物件の内見②

 

f:id:winefarmtamura:20171121201308j:plain

皆さん、こんにちは

物件の確保・・・、引き続き大変苦戦しております
(^_^;)

そんな中、中目黒駅から徒歩2分ほどのところに、居抜き案件があるという情報が入り内見してきました。
(この案件は、現テナントがまだ解約予告しておらず、オーナーさんも知らない話なのでお店の詳細については少しぼんやりと書きます)

 

前回も書きましたが、希望条件は以下の通りで

希望条件

  階層   1F or 2F
  坪数   10~15坪
  席数   20~25席
  賃料   ~3万円/坪

今回の案件は、

  階層   1F・・・◎
  坪数   約10坪・・・〇
  席数   17席・・・▲
  賃料   3.2万円/坪・・・▲

条件的には若干希望からは外れてはいるものの、かなり許容範囲内!!
期待が膨らみます。

ただ、事前に分かっていた情報として懸念事項が3点

1.造作費が、なななんと・・・700万円とかなり高い!!
 (10年以上営業していて、平面図から見る限り厨房機器がある感じではない)

2.希望の席数25席は、カウンター8席、テーブル17席位の比率をイメージしていますが、本案件は、カウンター11席、テーブル6席(しかもテーブル固定)なのでこの比率を上手く変えられる内装工事が出来るか?

3.ワインセラーなどの大型設備を問題なく配置出来そうか?

このあたりを確認しつつ、内見をしました。


自分は内装工事の内容については疎いので、9月4日にブログで書いた「セミナーへの参加」でお世話になったT社の担当の方にご紹介頂き、居抜きで小規模の店舗改装を得意にしている業者さんにご同行頂き内見に行ってきました。


今回は変更点として、カウンターとテーブルの比率を大きく変えたいという事をお伝えしました。
(テーブルの比率を変えたい理由は、ワインはボトル1本を4~7,8人でシェアしながら楽しむケースが多いので、テーブル席を多めにとって机を繋げたりしながら他人数にも対応出来るようにしたいと考えているからです)


やり方としては、カウンターを一部削ってテーブルのおけるスペースを増やす。
その際に、①水道、ガスといった配管がどのように影響するか、②カウンターを壊す事でどの位工事費用がかかるのか等を見積もってもらった結果・・・・・。


内装工事費用、外装(サインなど)工事費用、追加で購入が必要な厨房機器及び設備で
ざっくりと600万位かかるのではとの回答でした
(T0T)
高額になってしまった理由は、結局カウンターを削ったあと移動したり配管の埋め変えをする事での費用が嵩んでしまったから。。


物件取得費用が約600万、造作費用700万、工事費諸々600万、それから最初の運転資金・・・、を考えると、2000万以上を最初に絞り出す事になり1店舗目のお店に掛ける額としては中々の勇気がいる(しかも居抜きで^^;)という判断で今回も見送る事になりました。。


何とか安くならないかという事で造作費用の700万についても確認したところ、
実質は数十万くらいの価値しかな設備ですが、テナントオーナーの真意は
赤字経営な訳ではないけど、管理が面倒だから手放そうかな」という位の気持ちなので、強気で立地の良さを造作費に乗せている感じであり、ほぼ交渉にも乗らないという事が分かり、これが断念を更に後押ししました。。


これから年の瀬に入り飲食店としては掻き入れどきになりますが、それをもって営業を終了する店舗も出てくるかと思います。なんとかそういった情報に希望を見い出しつつ、もう明らかに今年の出店は無理なので何とか今年度中の出店を目指して頑張ろうと思います。


素敵なワイン女子がたくさん集まるお店になる事を夢見て
(*´∀`*)

物件の内見①

f:id:winefarmtamura:20171105233628j:plain

皆さん、こんにちは

物件の確保・・・、大変苦戦しております
(^_^;)
7/3にアップした「物件について」に当時の物件の探し方を以下のように書いていたのですが・・・

1.4つの物件情報サイトに登録して毎日確認
2.知り合い経由で物件情報をもらう
3.現職で付き合いのある仲介業者から直接情報をもらう

11月初旬現在、基本的にやり方は特に変わっておらず、変わった所は3の前職で付き合いのあった仲介業者からの情報が無くなり(やはりMONEY の切れ目は縁の切れ目なんでしょうか(^_^;)
代わりに、自分の苦戦ぶりを心配してくれた友人が新たな仲介業者様をご紹介頂き、2の知り合い経由から情報を頂くというのが
増えてきたという感じです。。

あまり物件探しに変化のない中、今回友人からご紹介頂いた仲介業者様から物件を紹介して頂いたので、これについて書きたいと思います。

物件を探し始めて4ヶ月、あまりにも物件情報が少ないので・・・・・・・・
出店エリアについても少し広げていて、中目黒駅近郊としていたものを
「恵比寿、目黒、代官山、渋谷」にまで広げて探し始めたところ
恵比寿にステーキ店の居抜きが出てきました。

希望していた
          階層   1F or 2F
       坪数    ~15坪
       席数    ~25席
       賃料    ~3万円/坪

に当てはまっており、即内見をお願いしたのですが、恵比寿という超人気エリアである事から既に競合が6人(社)いるとの事で
指定された1時間の間に同時に内見をして、我先にと申し込みをする・・・という状況

前職で店舗開発を経験しているものの、このスピード感は即決に近い感じで初めて1店舗目を出店しようとしている自分としては中々のギャンブル感がある感じがします。。

 

勇み足になる前に、まずは店舗の中の確認。
シックなダークブラウンの木目調で内装はまとめられていたので壁や机、椅子といった内装の一部はそのまま使えそう。。

ただ・・・、検討が必要なところが3点

1.事前に見せてもらった平面図にはカウンター7席+テーブル15席前後であったのですが実際はカウンターが無く、自分のイメージのお店にしようと思うと工事が必要
2.ワインを扱っているお店だったので大きめのワインセラーを期待していたのですがそれは叶わず購入が必要
3.開店が3年前という事もあり、造作物が新しく引き取る費用が割と高額

結果的に造作物の引き取り費用と物件取得費用が想定より高く、スケルトンでやった場合とあまり変わらないくらいの
準備費用になってしまう事もあり、今回は諦めることにしました
(T0T)

年内になんとか出店したいと思っていたのですが、やはり物件は水物。。。
必要以上に焦るのは禁物だなぁと今回改めて感じてしまいました。


まだまだこれからが本番。引き続き物件探しに奔走します!!

 

素敵なワイン女子がたくさん集まるお店になる事を夢見て
(*´∀`*)

会社の設立

f:id:winefarmtamura:20171021031117j:plain

皆さん、こんにちは
この度、平成29年10月5日付で「株式会社ワインファームTAMURA」を設立しました。
8月16日のブログに記載した通り、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」の活用を目指して、行政書士法人に相談した結果、法人を設立する事を決めました。(シェフをしっかり社員として雇用したいのと、社会的信用度を高めたいの部分が大きかったかなと
(*´∀`*)

 

「登記が終了しました」という連絡の後、以下のものが送付されて来ました。

1.会社印
2.定款
3.履歴事項全部証明書
4.印鑑証明書
5.本店所在場所決議書
6.払込証明書

ふ~、遂に出来てしまった!!一安心、と思ったのも束の間

設立後に各機関に対してやらなければならない手続きがまだまだありまして・・・・・

(1)税務署

・法人設立届出書
青色申告承認申請書
・給与支払い事務所等の開設届書

(2)都道府県税事務所

・法人設立届出書

(3)市町村役場

・法人設立届出書(東京23区内に設立の場合は不要)

(4)日本年金機構

(旧社会保険事務所
・健康保険・厚生年金保険新規適用届書
・健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届書

(5)労働基準監督署

・労働保険保険関係成立届書
・労働保険概算保険料申告書
・適用事業報告書

何だかまだやる事がてんこ盛りです^^;
これって自分でやるのが良いのか、依頼してしまう方が効率的なのか・・・
どなたか教えてください~~~!!

それから・・・、後は物件が決まれば全てが動き始めるのですが、非常に苦戦しています。。

中目黒近郊(で、10~15坪程度の重飲食店が出来る物件を探しておりますので物件をご紹介頂ける方、もしくは仲介業者様と繋いで頂ける方がいらっしゃいましたら是非宜しくお願い申し上げます
m(_ _)m

FACEBOOKを通じて、もしくは

「wine.farm.tamura@gmail.com

宛にご連絡頂けると幸いです!!

 

素敵なワイン女子がたくさん集まるお店になる事を夢見て
(*´∀`*)

ハローワークへ

f:id:winefarmtamura:20171013120234j:plain

皆さん、こんにちは!!


退職してから約1ヶ月、前の職場から離職票(期間証明書?)が送付されて来て、失業給付の受給申請に必要な書類が揃ったので、渋谷区のハローワークに行って来ました。
ハローワークの門をくぐったのは初めてで、行ってみての第一印象は、・・・・
2017年の失業率が3%強、リーマンショック直後の5%前後に比べると明らかに仕事の供給過多な状況である筈なのに、建屋内は人・人・人の山(^_^;)
インターネットでの人材募集が増える中、まだまだface to faceの安心感、需要と供給の仲介役としての必要性、ネットに不慣れな年代からの需要を考えると、
ハローワークは昔も今も失業者にとっての最後の砦なのかもしれません。。。。。

少し行く前の話に戻して・・・

必要な書類7点

1.離職票
2.離職票
3.マイナンバーカード(通知カード)
4.身分証明書(運転免許証等)
5.本人の印鑑
6.写真2枚
7.本人名義の預金通帳

上記を揃える中、違和感があったのが7の銀行通帳(振込口座)が必ず必要という事(^_^;)
通帳に記帳してる人なんて今時いるのかしらと思うご時世なのに、何故かネットバンキング口座&一部の外資系銀行口座では振込が出来ないNGとの事。
理由はどうやら通帳がない と身分照会が出来ない?から?との事。何故???????と色々と思うところはありましたが^^;、結局ハローワークに問い合わせをしたところ、キャッシュカードでも良いという事になりましたがまた一つ問題が・・・

「かなり昔のキャッシュカードしかないけれども・・・」という話をしたら
「支店が統合などしていると本人確認ができないかもしれない」と不安な事を言い出すものだから、いちいち最寄りの銀行支店に趣いて、「このキャッシュカードは本人のもので間違いございません」という印鑑をもらわないといけないという事態にまで発展してしまいました。。。う~~~~ん、面倒くさい^^;
という事でようやく全てが揃い、いざハローワーク渋谷へ!!

ここまで書類を揃えたものの、そもそも失業手当の受給条件に自分は該当しているか?という確認からしていったのですが、

受給の条件は

① 雇用保険の一般被保険者が離職し、働く意思と能力があるにもかかわらず、職業に就くことができない状態にある(失業状態であること)
② 原則として、離職の日以前2年間に、被保険者期間が通算して12ヶ月以上あること
③ 倒産、解雇等による離職の場合(「特定受給資格者」又は「特定理由離職者」)は、離職の日以前1年間に6ヶ月以上の被保険者期間があること

などと色々あるのですが、ハローワークでアンケートに答えていたら、こんな一文が・・・

「会社・団体の役員に就任、自営の開業届けが出されている場合は失業給付を受ける事が出来ません」

なななななんと??そうなの??(>_<)
素人考えでは、実質的な収入がないのならばもらえる権利があるのでは、と思っていたのですが、実際は、会社・団体役員であればその法人からの収入があり、開業して個人事業主になれば、事業を行なっている人とみなされ、職を探している人ではないとされるとの事。自分の場合は、政策金融公庫からの融資を受ける為の準備として、自分で会社を立ち上げて登記する手続きを始めているので「会社の役員に就任」に当てはまってしまい給付の権利がないという事が分かってしまいました(>_<)

それでももう少し頂いた資料を確認していると、「再就職手当」というものもあり
受給の条件を見てみると・・・

1.事業の準備を開始した日の前日まで失業の認定を受けたうえで、支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上であること
2.「待機期間」が完了した後で事業の準備を開始したこ
3.「給付制限期間」がある場合は、給付制限期間の最初の1か月が経過した後に事業の準備を開始したこ
4.事業の開始により自立することができると認められるものであること
5.過去3年以内の就職について、「再就職手当」「常用就職支度手当」の支給を受けていないこと
6.再就職手当の申請後、一定の期間が経過する前に事業を廃止しないこと

これをみてまた愕然(T0T)
3がNGで、受給支給決定日+待機期間(7日)+1ヶ月以降に事業の準備を始めた場合でないと受給できない
受給支給決定日+待機期間(7日)+1ヶ月=12月初旬になるので、それまでに会社の登記は完了してしまうのでNG

貰えるものなら貰っておきたいで始めた手続きでしたが、いざ貰えないと分かるとあ~~残念(T0T)

ただ、ハローワークには求人広告を出す時に今後もお世話になるかもしれないし、どんな雰囲気なのか分かっただけでも儲け物と失意の気持ちをなだめつつ、渋谷を後にしたのでした。。

 

素敵なワイン女子がたくさん集まるお店になる事を夢見て(*´∀`*)

C.P.Aチーズ検定受けてみました‼︎

f:id:winefarmtamura:20170926124920j:plain

皆さん、こんにちは


今回もお店の準備から離れますが、(ワインの特訓に続きこれもお店をやる為の技能ではあります)今後の食材の仕入れに密接に関係のある内容になるので書いてみます。

出店するワインバルで提供する料理の中で、自分では作れないだろうと考えているもの2大巨頭は「チーズ」と「生ハム」!!
これについてはせめてキチンと知識だけはつけておきたいなぁと思っていたところ、昨年ワインエキスパートの試験を受けた時にお世話になったT先生のクラスの同級生(この方はチーズプロフェッショナルの資格を持たれていて、普段から講師をされている)にたまたまお声掛け頂いて、チーズ検定なるものを受験してきました(^O^)

チーズ・・・・、今働いているお店でも扱っているのでタイプ(フレッシュ、白カビ、青カビ、ウォッシュ、シェーブル、セミハード、ハード)位は知っていたのですが、特にこれといった知識も無くワインに合わせて頂くと美味しいなぁレベルだったのですが、3時間みっちり教えて頂き特に関心を持った部分は3点‼︎

1.自分でも自家製のチーズは作れる・・、かも?(*´∀`*)
2.食品表示をしっかり確認するのは大事
3.お酒との相性について

1の自家製チーズ
製造工程を見てみると、材料が揃えば出来そうな(*´∀`*)感じがして・・、フレッシュチーズならなんとなく作れそうなのですが、どうせ作るなら熟成期間短めの白カビ系カマンベール風‼︎
手に入れにくそうな材料が、凝乳酵素レンネット)と白カビかな・・と思ったら、レンネットamazonで購入可能で白カビは市販されているカマンベールチーズの表面を削って水に溶かし、霧吹きで吹きかければ良いそうな。。
作ってみたい好奇心が沸いてきている最中です^0^

2の食品表示
食材に対しては原産国や生産者は気にするものの、日本のメーカーが製造していれば特に気にする事のなかった部分であまり注視していなかったのですが、知らないことが結構有り・・・
「牛乳って生乳100%が当たり前と思っていた」「乳等を主要原料とする食品って一体なに?乳以外に何が入っているのかわからない^^;」などの疑問がふつふつと湧いてきて
これは乳製品だけではなく他の食材についても興味を持って見てみようと改めて思ったのでした。

3のお酒との相性
その土地の料理・食材とお酒の相性が良いというのはよく知られた話で、今回多種のチーズの原産を勉強出来たので、その地方のワインに合わせてなど
色々な取り組みが出来そうで楽しみ^^

 

試験後には先生の取り計らいでプチ懇親会がありまして・・・
泡、白、赤を楽しみながらのチーズ6種「リコッタ(イタリア)、パヴェダフィノワ(フランス)、マンステール(フランス)、グラナパダーノ
(イタリア)、エメンタール(スイス)、グリュイエール(スイス)を頂き、充実した週末の昼下がりを過ごすことが出来ました^^

ワインとチーズの相性について更に学んでいきたいと思うと共に、また機会を見つけてペアリングの勉強が出来るイベントに参加したいと思った一日なのでした!!

 


素敵なワイン女子がたくさん集まるお店になる事を夢見て(*´∀`*)

ワインテイスティングの特訓

f:id:winefarmtamura:20170919133022j:plain

皆さん、こんにちは


今回はお店の準備から離れて、(と言ってもお店をやる為に必要な技能ではありますが・・)定期的に行なっている特訓についての書きたいと思います。

 

私にはワインの先生が3人おりまして・・、
5年前にスクールに入ってワインの楽しみ方を教えて頂いたS先生、昨年ワインエキスパートを受けた時にお世話になったT先生、それから試験の2次対策からお世話になり、その後もテイスティングの重要性・楽しさを教えて頂いているE先生。
それぞれの先生からたくさんの事を学び、現在も学ばせて頂いているのですが、今回はテイスティングで特にお世話になっているE先生の会についてのお話になります‼︎


E先生が7月中旬に西麻布のお店を辞められてから約2ヶ月間、テイスティングの会が開かれていなかったのですが、新しいお店に移られてまた会を始めるとの連絡を頂き、行って来ました‼︎
前回の自分が参加した会から約2ヶ月、全くテイスティングの練習をしていなかった訳ではないのですが、やはり定期的にやっていないと直ぐに分からなくなってしまうなぁと実感(>_<)
しかもお邪魔した会は、日本ソムリエ協会が主催するブラインドテイスティングコンテストのファイナリストの練習用の会で上級者向け(^_^;)
泡3種、白1種、赤2種、その他2種、取り敢えずチャレンジしてみました‼︎

兎に角、目を引いたのはファイナリスト達のコメント能力‼︎3分間で外観・香り・味わいをはじめ、料理とのペアリング等を機関銃のように喋り倒す・・・。とても真似出来る代物ではないと言うのが率直な感想。
それから、E先生のたくさんの事を知って欲しいという情熱‼︎全8種中、全く飲んだ事の無いものが4種もあり、まだまだ知らないお酒が山ほどある事を実感。


1.メソッドアンセストラルのモーザック種100%の泡
2.山形県月山ワイン山ぶどう研究所のヤマソーヴィニオン種
3.柿のリキュール
4.栗のリキュール


やっぱり続けていないと身に付いていかないんだなぁと改めて感じる夜なのでした。
今回はかなり敷居が高すぎ凹んだので、来週は初級の会で少しは自信を取り戻そうかと(*´∀`*)戻るかなぁ・・・。

 

素敵なワイン女子がたくさん集まるお店になる事を夢見て(*´∀`*)

正式な退社と事務手続き

f:id:winefarmtamura:20170912130501j:plain

 

皆さん、こんにちは
8月25日をもって有給休暇を使い終わり、
サラリーマン終了‼︎に伴う各種手続きの準備を始めましたので、今回はこの件について書こうと思います。

退社に伴い、直ぐに(早いものは2週間以内に)変更しなければならないものが3つあります。

1.健康保険の手続き
2.年金の手続き
3.失業保険の手続き

退職後早めに対応しなければならないものがほとんどで(^_^;)

1.健康保険は退職後14日以内
2.年金も14日以内
3.失業保険はハローワークで手続きしてから初めて給付の作業が始まるので、ほぼ退職後直ぐ

失業保険は直ぐと行っても「離職票」なる書類が自宅に届かないとハローワークに行けないので
9月6日現在で書類の揃っている健康保険と年金の切り替えをまずは実施しました。(退職後12日目で結構ギリギリでした(*´∀`*)

年金の手続きは、厚生年金から国民年金基金に変更(これは一瞬で終わりました)それ以外の確定給付年金の受け取り方をどうするか?確定拠出年金の今後の運用の仕方については、役所の手続きとは関係ない部分なので、少し時間をかけて対応する事とします。

健康保険の手続きは選択肢が2つあって、
1.加入していた健康保険組合の任意継続
2.国民健康保険に切り替える
があります。

任意継続は、退職後2年間だけ出来るという決まりで、継続を選択すると2年後また切り替えをしないといけないので面倒を避けるために、実は国民健康保険にしようと思ってました。

ところが、役所に行って手続きしょうとしたら
「任意継続した方が断然安いですよ」と言われ
調べてみたところ、なんと‼︎年間で30万円近く違い、危うく大損する所でした‼︎
知らないって罪ですね〜(>_<)

ただ、任意継続をする為には、退職後20日以内に手続きをする事が必要で、出来なかったら有無を言わさず国民健康保険にされてしまうので、慌てて変更の手続きを行ったのでした‼︎
(間に合って良かった〜(*´∀`*)

という事で、2つの手続きは終わったので
残りの1つ失業保険の対応は、また別途報告します‼︎

 

素敵なワイン女子がたくさん集まるお店になる事を夢見て(*´∀`*)